病院で行う花粉症注射とは 岐阜市 名古屋

名鉄岐阜駅から徒歩3分 総合内科専門医が診察します 内科・循環器内科

花粉症注射の種類と効果について

タグ: , , ,

鼻水・鼻づまり・痒み: 花粉症対策に用いる注射の種類

アレルギー性鼻炎、掻痒感対策で用いられる病院用の注射薬には様々な種類が
あります。具体的に、ノイロトロピン、ステロイド、ヒスタグロビン等です。
以下、それぞれの薬剤の特徴について紹介します。

ノイロトロピン注射

アレルギー性鼻炎に対して健康保険適用の注射薬です。花粉症に対して用いることが
可能です。ノイロトロピン注射はワクシニアウィルスを家兎(ウサギ)の皮膚に注射し、
炎症を生じた皮膚組織から活性物質を抽出したものです。

ノイロトロピンの作用機序は不明ですが、鎮痛薬として外科、整形外科の病院で活用
されています。皮膚科では、蕁麻疹、湿疹など皮膚疾患に伴う掻痒感の対策として
用いられ、健康保険の適用があります。

ノイロトロピン注射は、花粉症による鼻水、鼻づまり、目の痒みに対して効果があり、
皮膚の掻痒感を抑える作用もあります。花粉症対策の飲み薬との併用も可能なので、
便利です。副作用が殆どないことも利点で、当院では推奨しています。

当院では、ノイロトロピン注射を行っております(保険適用)。

ステロイド注射

副腎皮質ステロイドには免疫抑制作用があり、花粉に対するアレルギー反応を抑える
目的で使用されている病院があるようです。しかし、ステロイド注射による全身投与は
副作用の危険が高いので、お薦めできません。

当院では、ステロイド注射のお取扱いはありません。

ヒスタグロビン注射

ヒトから採取した免疫グロブリンに塩酸ヒスタミンを加えた製剤です。繰り返し
ヒスタグロビンを注射することで、ヒスタミン抗体を産生させます。その結果、
アレルギー反応でヒスタミンが放出されても耐性ができて、反応が抑えられます。

効果の発現が緩徐なので、花粉症の症状が出始める前に接種する必要があります。
副作用として、喘息発作、鼻症状の一時的悪化、眠気、頭痛、注射部痛が報告
されています。

当院では、ヒスタグロビン注射のお取扱いはありません。

その他の注射(強力ネオミノファーゲンC、プラセンタなど)

強力ネオミノファーゲンCは、抗炎症作用があり、湿疹、皮膚炎、じんましん等に
用いられます。スギ花粉による皮膚アレルギー、皮膚の掻痒感が生じる方がいます。
その場合、内服薬に加えて補助的に使うことがあります。

プラセンタ注射は、美白、美肌、シミ・シワ対策およびアンチエイジング効果、
更年期対策に用いられます。プラセンタには抗炎症作用と免疫力を高める
作用があるので、アトピー、アレルギー症状、花粉症にも活用されています。

プラセンタ注射にかかる費用・料金は、左カラム内の「花粉症よくある質問」にある
プラセンタ注射の活用は?のページをご覧下さい。

阪野クリニック概要

阪野クリニック外観写真

阪野クリニック

内科 循環器内科
いびき睡眠障害センター

〒500-8178 岐阜県岐阜市清住町1-22

Phone:058-213-1199

お問い合わせフォーム »

アクセスマップ

花粉症 よくある質問

早めに対策したい花粉症の予防薬
症状を軽くする初期療法とは?
眠くならない鼻炎薬・治療薬とは?
くしゃみ・鼻水対策ついて教えて下さい
眼科用の目の痒み対策の目薬について
病院・耳鼻科で行う花粉症検査と費用
眠気が生じない花粉症に効く漢方薬
漢方のおすすめ花粉症治療とは?
病院で行う注射について教えて下さい
点鼻薬のクチコミの情報について
耳鼻咽喉科と内科の違い
花粉の飛散時期と状況を知るには?
春の花粉症の特徴、症状と対策について
春に多いスギ花粉症ヒノキ花粉症とは?
夏に多いイネ科のアレルギー症状
秋に多いブタクサのアレルギー性鼻炎
口コミの多い花粉症治療薬について
いびきと鼻づまり、子どものいびきについて
子どもの花粉症の特徴について
アレルギー性鼻炎と風邪の違い
妊婦・授乳中の花粉症治療について
舌下減感作療法とは?
プラセンタ注射の活用は?


このページの先頭へ戻る