口コミ・おすすめ花粉症治療の漢方薬 岐阜・名古屋版

名鉄岐阜駅から徒歩3分 総合内科専門医が診察します 内科・循環器内科

花粉症治療の漢方薬: 口コミ・おすすめ特集

タグ: , , ,

花粉症治療に漢方薬を活用しましょう

漢方薬は天然の生薬で構成され、西洋医学の薬にない薬効があるので、
最近、病院では漢方薬の活用が増えています。耳鼻科領域の病気、
花粉症・アレルギー性鼻炎にも効果的です。

どの漢方薬が一番花粉症に効果的、おすすめ治療薬は?という質問、
口コミ評判の良い治療薬はどれか? 名医の出す薬は何か?という
問い合わせを受けることがあります。

漢方薬はその人の体質、証を参考にして処方されます。クチコミで
よく効くと言われる漢方薬が、自分に合わないこともあります。
そのため、自分に合った薬を病院の主治医と探していきましょう。

体質、症状別のおすすめ治療薬とは

鼻アレルギー診療ガイドラインにも、漢方薬はアレルギー性鼻炎治療薬に
小青竜湯の有効性が報告されていますが、この治療薬は標準的なものです。
有効成分である麻黄が、鼻汁、くしゃみ症状を緩和します。

くしゃみ・鼻水が止まらない場合は、麻黄湯、大青竜湯(越婢加朮湯+麻黄湯)
さらに、小青竜湯と五虎湯を合方して用いることもあります。
これらは体力が充実した方に適しており、即効性を期待することができます。

鼻閉タイプには、辛夷清肺湯、葛根湯加川きゅう辛夷がおすすめです。両者は、
鼻づまり、慢性副鼻腔炎、慢性鼻炎対策のため耳鼻科でよく処方されています。

一方、痩せ型で冷え症の人や平熱が低いという方には麻黄附子細辛湯を
用いることがあります。しかし、麻黄の副作用として、胃もたれ、胃腸症状が
出現する懸念があります。

その場合は、苓甘姜味辛夏仁湯をの適応を検討します。この漢方薬は小青竜湯
から麻黄、桂皮、芍薬が抜かれ、茯苓と杏仁が追加されたものです。
体力がなく、冷え性の体質の方用のおすすめ治療薬です。

岐阜駅近く、花粉症の治療を行っております

漢方は長く飲まないと効かないという印象を持つ方が多いと思いますが、
うまく漢方薬を活用すれば、即効性もあるので早めに症状を緩和することが
できます。最寄の内科、耳鼻科などの病院に相談すると良いでしょう。

当院では症状・体質に応じて漢方薬に加え、病院で使われる抗ヒスタミン薬
および点鼻薬も組み合わせて処方しています。眠くなりにくい鼻炎薬を
ご希望の方、ご相談下さい。

阪野クリニック 内科 いびき睡眠障害センター
岐阜県岐阜市清住町1-22
058-213-1199

阪野クリニック概要

阪野クリニック外観写真

阪野クリニック

内科 循環器内科
いびき睡眠障害センター

〒500-8178 岐阜県岐阜市清住町1-22

Phone:058-213-1199

お問い合わせフォーム »

アクセスマップ

花粉症 よくある質問

早めに対策したい花粉症の予防薬
症状を軽くする初期療法とは?
眠くならない鼻炎薬・治療薬とは?
くしゃみ・鼻水対策ついて教えて下さい
眼科用の目の痒み対策の目薬について
病院・耳鼻科で行う花粉症検査と費用
眠気が生じない花粉症に効く漢方薬
漢方のおすすめ花粉症治療とは?
病院で行う注射について教えて下さい
点鼻薬のクチコミの情報について
耳鼻咽喉科と内科の違い
花粉の飛散時期と状況を知るには?
春の花粉症の特徴、症状と対策について
春に多いスギ花粉症ヒノキ花粉症とは?
夏に多いイネ科のアレルギー症状
秋に多いブタクサのアレルギー性鼻炎
口コミの多い花粉症治療薬について
いびきと鼻づまり、子どものいびきについて
子どもの花粉症の特徴について
アレルギー性鼻炎と風邪の違い
妊婦・授乳中の花粉症治療について
舌下減感作療法とは?
プラセンタ注射の活用は?


このページの先頭へ戻る