2015年花粉症対策を行うクリニック

名鉄岐阜駅から徒歩3分 総合内科専門医が診察します 内科・循環器内科

2015年の花粉症シーズンが始まりました

タグ:

2015年もアレルギー症状が辛くなる前に早期対策を

スギ花粉症は症状がひどくなると、夜も症状が続き、不眠、全身倦怠感に
つながります。日中の仕事効率も低下します。スギ花粉が大量に飛散する前に
なるべく早く病院外来で相談することをおススメします。

今年の飛散量のピーク予想は3月上旬から中旬の見込みです。耳鼻科な内科で
抗アレルギー薬による初期療法を始めることを検討しましょう。

注意すべき症状とは

花粉症の鼻水は無色で水のようにサラサラしていることが一般的です。
鼻づまり、くしゃみが連続して起きる症状にご注意下さい。
目にアレルギー反応が起きると、痒み、充血症状が出現します。

当院では花粉症専門外来を開設

アレルギー性鼻炎・結膜炎の重症度を踏まえて、個別の体質に合った治療薬を
相談しながら処方しています。アレルゲン特定を希望される方には検査にも
対応します。

病状が安定すれば長期処方も可能となっています。また、病状が重い方には
漢方薬の活用を積極的に行っています。

阪野クリニック概要

阪野クリニック外観写真

阪野クリニック

内科 循環器内科
いびき睡眠障害センター

〒500-8178 岐阜県岐阜市清住町1-22

Phone:058-213-1199

お問い合わせフォーム »

アクセスマップ

花粉症 よくある質問

早めに対策したい花粉症の予防薬
症状を軽くする初期療法とは?
眠くならない鼻炎薬・治療薬とは?
くしゃみ・鼻水対策ついて教えて下さい
眼科用の目の痒み対策の目薬について
病院・耳鼻科で行う花粉症検査と費用
眠気が生じない花粉症に効く漢方薬
漢方のおすすめ花粉症治療とは?
病院で行う注射について教えて下さい
点鼻薬のクチコミの情報について
耳鼻咽喉科と内科の違い
花粉の飛散時期と状況を知るには?
春の花粉症の特徴、症状と対策について
春に多いスギ花粉症ヒノキ花粉症とは?
夏に多いイネ科のアレルギー症状
秋に多いブタクサのアレルギー性鼻炎
口コミの多い花粉症治療薬について
いびきと鼻づまり、子どものいびきについて
子どもの花粉症の特徴について
アレルギー性鼻炎と風邪の違い
妊婦・授乳中の花粉症治療について
舌下減感作療法とは?
プラセンタ注射の活用は?


このページの先頭へ戻る