岐阜市 一宮市 子どもの花粉症治療と対策

名鉄岐阜駅から徒歩3分 総合内科専門医が診察します 内科・循環器内科

子どもの花粉症・アレルギー性鼻炎

タグ: , , ,

小児の花粉症・アレルギー性鼻炎とは

子どもの花粉症は年々増加傾向にあると言われています。小児の場合、
スギ花粉症の発症が、風邪・インフルエンザの流行時期と重なるので、
症状の区別が困難な場合があります。

低年齢であると、子どもは自分で症状を訴えることができないので、
養育者が子供に現れる症状、所見に気づくことが大切です。

子どもの花粉症のサインとは?

以下に示す症状、所見があれば、子どもの花粉症が疑われます。
最寄の耳鼻科、小児科などの病院を受診して治療しましょう。
特にスギ花粉の飛散時期に注意する必要があります。

発熱がないのに、くしゃみ、鼻水が止まらない、何度も鼻をかむ
口をよく開ける「鼻づまりのため呼吸しにくい」
目のかゆみ、充血、落涙が多い「目をこする動作、瞬きが多い」

そして、スギ花粉の飛散が多い午前中から午後3時頃にかけて、
症状が悪化することが特徴です。

風邪との鑑別は、左カラムの「よくある質問」の該当ページを
参考にして下さい。

睡眠障害と昼間の眠気について

アレルギー性鼻炎の症状(鼻水、くしゃみ、鼻づまり)があると、
ぐっすり眠れない原因となります。不眠、睡眠不足が生じて、
日中の眠気、集中力低下が起きるので、早期の対策が重要です。

鼻づまりのため口呼吸となる子供も多く、イビキ、無呼吸の症状が
出現する場合もあります。アデノイド肥大、扁桃腺肥大があると、
睡眠時無呼吸症候群が生じることがあるので要注意です。

子どもの花粉症治療と対策

アレルギー症状を抑えるには、アレルゲン(抗原)の回避が一番です。
スギ・ヒノキ花粉の飛散量が多いときは外出を控えることが大切ですが、
通学など外出される場合はマスクを装着しましょう。

小児に用いる治療薬、点鼻薬、目薬

基本的に大人の治療管理と同様で、飲み薬では抗ヒスタミン薬、
抗アレルギー効果のある点鼻薬、点眼薬を組み合わせて治療します。
子ども用のドライシロップもあるので活用すると良いでしょう。

飲み薬では、ザジテン、ジルテック、クラリチン、エバステルなどが
あります。点鼻薬として、小児用フルナーゼ、ザジテン、リボスチン、
一方、目薬ではパタノール、インタール点眼薬などが用いられます。

岐阜市にある当院では、子どもの花粉症対策として、漢方薬の活用も
行っています。お気軽にご相談下さい。

阪野クリニック概要

阪野クリニック外観写真

阪野クリニック

内科 循環器内科
いびき睡眠障害センター

〒500-8178 岐阜県岐阜市清住町1-22

Phone:058-213-1199

お問い合わせフォーム »

アクセスマップ

花粉症 よくある質問

早めに対策したい花粉症の予防薬
症状を軽くする初期療法とは?
眠くならない鼻炎薬・治療薬とは?
くしゃみ・鼻水対策ついて教えて下さい
眼科用の目の痒み対策の目薬について
病院・耳鼻科で行う花粉症検査と費用
眠気が生じない花粉症に効く漢方薬
漢方のおすすめ花粉症治療とは?
病院で行う注射について教えて下さい
点鼻薬のクチコミの情報について
耳鼻咽喉科と内科の違い
花粉の飛散時期と状況を知るには?
春の花粉症の特徴、症状と対策について
春に多いスギ花粉症ヒノキ花粉症とは?
夏に多いイネ科のアレルギー症状
秋に多いブタクサのアレルギー性鼻炎
口コミの多い花粉症治療薬について
いびきと鼻づまり、子どものいびきについて
子どもの花粉症の特徴について
アレルギー性鼻炎と風邪の違い
妊婦・授乳中の花粉症治療について
舌下減感作療法とは?
プラセンタ注射の活用は?


このページの先頭へ戻る