口コミの多い花粉症治療薬の特集 岐阜・名古屋版

名鉄岐阜駅から徒歩3分 総合内科専門医が診察します 内科・循環器内科

口コミの多い花粉症治療薬とは?

タグ: , , ,

花粉症治療薬について考える

花粉症対策の飲み薬、点鼻薬、点眼薬、漢方薬の種類は多くありますが、
服用回数、剤型(錠剤と粉薬、噴霧タイプなど)、特徴、副作用などが
異なります。さらに、個別に効き方も異なることも十分あります。

どの治療薬が一番効果があるか?という質問、口コミ、評判の高い薬を
探しているのですが?という問い合わせを受けることが多くあります。
以下、外来での使用経験、患者様からの口コミを参考に紹介します。

眠気の少ない多い、効果の強弱について

花粉症治療薬でよく使用される抗ヒスタミン薬で、鼻汁、鼻づまり、
くしゃみ、目の痒みを緩和します。しかし、眠気の副作用を注意する
必要があります。

第1世代の抗ヒスタミン薬は、市販の鼻炎や風邪薬の中に鼻水止めの
成分として入っています。眠気の副作用のほか、口渇が生じます。緑内障、
前立腺肥大を持病でもっている方には使用することができません。

一方、第2世代の抗ヒスタミン薬は、従来からある薬剤の副作用が改善
されています。アレグラ、クラリチン、アレロック、タリオン、ザイザル、
ジルテック、エバステル、アレジオン、タリオン等があります。

眠気が少ないと口コミで多いのがアレグラとクラリチンで、両者は
おすすめの花粉症治療薬です。そして、1回の服用でOKのものは、
アレジオン、クラリチン、エバステルがあります。

症状の緩和が今ひとつという場合には、アレロック、ジルテックなどを
試すと良いでしょう。その他、漢方治療を併用すると効果的です。

鼻づまり、鼻閉の症状が強い場合は、抗ヒスタミン薬に加えて、オノン、
シングレアなどのロイコトリエン拮抗薬を併用することもあります

鼻水、鼻づまり対策: 点鼻薬について

花粉症でお困りの方で、飲み薬に加えて点鼻薬が必要な方がいます。
皆様の口コミで、ナゾネックス、アラミスト、フルナーゼなどを利用
していることが多いようです。

目の痒み対策: 点眼薬について

パタノール、リボスチン、ザジテンなどの抗ヒスタミン作用のある点眼薬を
処方することが多いですが、目の掻痒感が強く結膜炎の症状が重度の場合は
オドメール、フルメトロンなどのステロイド点眼薬を併用します。

アレルギー性結膜炎による目のかゆみ、充血、腫れ対策に用いられる目薬は、
左カラム内の、よくある質問「眼科用の目の痒み対策の目薬」のページを
ご覧下さい。

阪野クリニック 内科 いびき睡眠障害センター
岐阜県岐阜市清住町1-22(名鉄岐阜駅すぐ、名古屋駅から30分)
058-213-1199

阪野クリニック概要

阪野クリニック外観写真

阪野クリニック

内科 循環器内科
いびき睡眠障害センター

〒500-8178 岐阜県岐阜市清住町1-22

Phone:058-213-1199

お問い合わせフォーム »

アクセスマップ

花粉症 よくある質問

早めに対策したい花粉症の予防薬
症状を軽くする初期療法とは?
眠くならない鼻炎薬・治療薬とは?
くしゃみ・鼻水対策ついて教えて下さい
眼科用の目の痒み対策の目薬について
病院・耳鼻科で行う花粉症検査と費用
眠気が生じない花粉症に効く漢方薬
漢方のおすすめ花粉症治療とは?
病院で行う注射について教えて下さい
点鼻薬のクチコミの情報について
耳鼻咽喉科と内科の違い
花粉の飛散時期と状況を知るには?
春の花粉症の特徴、症状と対策について
春に多いスギ花粉症ヒノキ花粉症とは?
夏に多いイネ科のアレルギー症状
秋に多いブタクサのアレルギー性鼻炎
口コミの多い花粉症治療薬について
いびきと鼻づまり、子どものいびきについて
子どもの花粉症の特徴について
アレルギー性鼻炎と風邪の違い
妊婦・授乳中の花粉症治療について
舌下減感作療法とは?
プラセンタ注射の活用は?


このページの先頭へ戻る