花粉症の治療 - 花粉症 専門サイト

花粉症で悩んでいる方へ・・・組み合わせ治療で乗り切りましょう

花粉症の治療を理解するためのポイント

花粉症の治療 医師写真

花粉症の症状を抑える治療薬の種類として、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、ステロイド、漢方薬があります。さらに、飲み薬、点鼻薬、点眼薬、注射などの薬剤の投与経路があります。病状に応じて、組み合わせて用いると有効です。

鼻水の対策として使用される抗ヒスタミン薬には、眠気の副作用があります。しかし、最近、眠くなりにくい鼻炎薬もあります。

一方、漢方薬はアレルギー症状の緩和と体質改善のため用いられます。適切に使えば、眠気を生じることなく即効性を期待することができます。

花粉症の治療: 抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、ステロイド

花粉症の治療 薬

抗ヒスタミン薬は鼻粘膜のヒスタミン放出を抑え、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状を改善します。1日1-2回の抗ヒスタミン薬の服用で、花粉症の症状を抑えることができます。花粉の飛散開始日の2週前から薬を服用すると予防に効果的です。

眠くなりにく鼻炎薬、眠くならない鼻炎薬、治療効果が強い薬があり、初診時に薬剤を選択します。

抗ロイコトリエン薬は鼻粘膜の腫脹と炎症を改善し、鼻閉に対する効果が優れています。鼻水、くしゃみ対策にも有効です。

ステロイドは炎症を抑える力が強いですが、体への負担が比較的大きいため短期投与が原則です。

ステロイド点鼻薬・点眼薬

花粉症の治療 ステロイド点鼻薬・点眼薬鼻づまりがひどい時、点鼻薬を鼻に噴霧して用います。眠気を生じない利点があります。病状が重い場合は、血管収縮薬を活用することがあります。
 
目の痒みに対しては、点眼薬が用いられます。局所投与なので、全身への影響が少ないのが特徴です。

花粉症対策の漢方薬

花粉症の治療 漢方薬

小青竜湯・葛根湯加川きゅう辛夷など 鼻のアレルギー症状を緩和する漢方薬があります。眠くならない利点があり、抗ヒスタミン薬との併用も可能です。

スギ・ヒノキ花粉症・季節性アレルギー性鼻炎のくしゃみ、鼻水、鼻づまり対策で漢方薬を用いる場合、健康保険の適用となります。

花粉症の注射:ノイロトロピン

花粉症の治療 注射

飲み薬。点鼻薬で対処できない花粉症の対策として、注射による治療を考慮します。
当診療所では注射薬としてノイロトロピンを推奨しています。

注)当院ではヒスタグロビンとステロイド注射を行っていません。

子どもの花粉症に使われる鼻炎薬と漢方薬の種類

阪野クリニック概要

阪野クリニック外観写真

阪野クリニック

内科 循環器内科
いびき睡眠障害センター

〒500-8178 岐阜県岐阜市清住町1-22

Phone:058-213-1199

お問い合わせフォーム »

アクセスマップ

花粉症 よくある質問

早めに対策したい花粉症の予防薬
症状を軽くする初期療法とは?
眠くならない鼻炎薬・治療薬とは?
くしゃみ・鼻水対策ついて教えて下さい
眼科用の目の痒み対策の目薬について
病院・耳鼻科で行う花粉症検査と費用
眠気が生じない花粉症に効く漢方薬
漢方のおすすめ花粉症治療とは?
病院で行う注射について教えて下さい
点鼻薬のクチコミの情報について
耳鼻咽喉科と内科の違い
花粉の飛散時期と状況を知るには?
春の花粉症の特徴、症状と対策について
春に多いスギ花粉症ヒノキ花粉症とは?
夏に多いイネ科のアレルギー症状
秋に多いブタクサのアレルギー性鼻炎
口コミの多い花粉症治療薬について
いびきと鼻づまり、子どものいびきについて
子どもの花粉症の特徴について
アレルギー性鼻炎と風邪の違い
妊婦・授乳中の花粉症治療について
舌下減感作療法とは?
プラセンタ注射の活用は?


このページの先頭へ戻る