岐阜市 妊婦・授乳中の花粉症治療薬

名鉄岐阜駅から徒歩3分 総合内科専門医が診察します 内科・循環器内科

妊婦・授乳中の花粉症治療について

タグ: , ,

妊娠・授乳中の治療薬の服用について

病院の外来で、妊娠中または授乳中ですが、花粉症の症状、くしゃみ、鼻水、
鼻づまり、目のかゆみを何とかして下さいという相談される場合があります。
妊娠中は赤ちゃんへの影響が心配なので、治療相談を希望する方もいます。

妊婦、授乳婦の場合、薬に頼らない方法、すなわち、抗原の回避が一番ですが、
重症の花粉症で日常生活に支障が出る場合、病院の薬に頼らざるを得ない
状況も出てきます。

一般的に、妊婦・産婦、授乳婦に対する投薬は、治療上の有益性が危険性を
上回ると判断された場合にのみ投薬します。

妊娠経過と服用の注意点

妊娠4週から7週は器官形成期と呼ばれ、臓器の原型ができるときなので、
薬の服用を中止します。妊娠8週から15週にかけては、慎重に薬剤の
局所投与を行います。

妊娠16週以降は、薬剤の局所投与(目薬、点鼻薬など)と飲み薬を
状況に応じて使用します。当院では漢方薬による花粉症対策を行います。

授乳婦の場合

授乳中の花粉症治療については、薬剤の母乳移行が気になる方から相談を受けます。
母乳に移行する薬剤の量は少ないため、妊娠中に投薬可能な薬剤なら赤ちゃんへの
影響は限定的です。もちろん、抗原回避が原則となります。

当院での妊娠中、授乳中の花粉症対策

岐阜市にある当院では、妊娠中、授乳中でスギ・ヒノキ花粉症の症状で
お困りの方に、漢方薬による治療、点鼻薬、点眼薬・目薬による治療を
行っております。漢方治療は保険適用です。

阪野クリニック概要

阪野クリニック外観写真

阪野クリニック

内科 循環器内科
いびき睡眠障害センター

〒500-8178 岐阜県岐阜市清住町1-22

Phone:058-213-1199

お問い合わせフォーム »

アクセスマップ

花粉症 よくある質問

早めに対策したい花粉症の予防薬
症状を軽くする初期療法とは?
眠くならない鼻炎薬・治療薬とは?
くしゃみ・鼻水対策ついて教えて下さい
眼科用の目の痒み対策の目薬について
病院・耳鼻科で行う花粉症検査と費用
眠気が生じない花粉症に効く漢方薬
漢方のおすすめ花粉症治療とは?
病院で行う注射について教えて下さい
点鼻薬のクチコミの情報について
耳鼻咽喉科と内科の違い
花粉の飛散時期と状況を知るには?
春の花粉症の特徴、症状と対策について
春に多いスギ花粉症ヒノキ花粉症とは?
夏に多いイネ科のアレルギー症状
秋に多いブタクサのアレルギー性鼻炎
口コミの多い花粉症治療薬について
いびきと鼻づまり、子どものいびきについて
子どもの花粉症の特徴について
アレルギー性鼻炎と風邪の違い
妊婦・授乳中の花粉症治療について
舌下減感作療法とは?
プラセンタ注射の活用は?


このページの先頭へ戻る