口コミの多い花粉症点鼻薬の特集 岐阜県・愛知県版

名鉄岐阜駅から徒歩3分 総合内科専門医が診察します 内科・循環器内科

花粉症治療の点鼻薬: クチコミ・おすすめ特集

タグ: , , ,

花粉症に使う点鼻薬について考える

花粉症の症状(鼻水・鼻づまり)対策として、飲み薬だけではなく、
点鼻薬を活用することがあります。様々な種類の点鼻薬が病院で
処方されますが、有効成分の違いにより用途が異なります。

どの点鼻薬が一番効くのか?という質問、クチコミ、評判の高い薬を
探しているのですが?という問い合わせを受けることが多くあります。
以下、病院での使用経験、通院中の方からの口コミを参考に紹介します。

ステロイドと抗アレルギー薬

ステロイド点鼻薬には、鼻粘膜の炎症とアレルギー反応を抑える作用があります。
内服薬とは異なり、全身的影響が少なく花粉症の症状を緩和することが可能です。

アルデシンAQネーザル、リノコート、ナゾネックス、フルナーゼ、アラミスト等の
点鼻薬はステロイドが含まれてます。フルナーゼ、ナゾネックス、アラミストは、
病状のひどい方のクチコミ評判で支持されているようです。

一方、アレルギー反応を抑えるのに抗ヒスタミン作用をもった点鼻薬もあります。
肥満細胞の脱顆粒を抑制し,ヒスタミンなど化学伝達物質の遊離を抑えるものです。
インタール、ザジテン、リボスチンなどが活用されています。

血管収縮薬

血管を収縮させる作用があるので、鼻づまり感の解消に良いと考えらます。
具体的には、プリビナ、コールタイジン、トークなどの点鼻薬です。

ただし、長期に何度も血管収縮性点鼻薬を使うと鼻粘膜が変質肥厚するので、
短期間の使用が無難でしょう。

点鼻薬のみでコントロールできない場合

点鼻薬を用いても、鼻汁、鼻づまり、くしゃみ症状の改善が今一つという場合は、
飲み薬の併用が、おすすめ治療です。抗ヒスタミン薬、漢方薬などを活用し、
症状の改善を図ります。

岐阜駅近く、スギ・ヒノキ花粉症対策を行っています

当院では春・秋のアレルギー性鼻炎、スギ花粉症の治療に力を入れています。
抗ヒスタミン薬、漢方薬、点鼻薬を組み合わせ、鼻水・鼻づまりに対処します。
JR岐阜駅近く、愛知県一宮市、岐阜県大垣市・各務原市からアクセス良好です。

阪野クリニック 内科 いびき睡眠障害センター
岐阜県岐阜市清住町1-22
058-213-1199

阪野クリニック概要

阪野クリニック外観写真

阪野クリニック

内科 循環器内科
いびき睡眠障害センター

〒500-8178 岐阜県岐阜市清住町1-22

Phone:058-213-1199

お問い合わせフォーム »

アクセスマップ

花粉症 よくある質問

早めに対策したい花粉症の予防薬
症状を軽くする初期療法とは?
眠くならない鼻炎薬・治療薬とは?
くしゃみ・鼻水対策ついて教えて下さい
眼科用の目の痒み対策の目薬について
病院・耳鼻科で行う花粉症検査と費用
眠気が生じない花粉症に効く漢方薬
漢方のおすすめ花粉症治療とは?
病院で行う注射について教えて下さい
点鼻薬のクチコミの情報について
耳鼻咽喉科と内科の違い
花粉の飛散時期と状況を知るには?
春の花粉症の特徴、症状と対策について
春に多いスギ花粉症ヒノキ花粉症とは?
夏に多いイネ科のアレルギー症状
秋に多いブタクサのアレルギー性鼻炎
口コミの多い花粉症治療薬について
いびきと鼻づまり、子どものいびきについて
子どもの花粉症の特徴について
アレルギー性鼻炎と風邪の違い
妊婦・授乳中の花粉症治療について
舌下減感作療法とは?
プラセンタ注射の活用は?


このページの先頭へ戻る